インストール後投稿前にすること(WordPress初期設定)

無事WordPressのインストールが完了しましたら、「早速記事を作ってみるか」と思われるかもしれませんが、その前に若干の初期設定をしましょう。

コメント・トラックバックの設定

初期設定ではコメントやトラックバックは受け入れになっていますが、これらが不要な場合は、最初に設定しておきましょう。
なお、この設定を変更しても、別途記事毎に受け付け可能にすることは可能です。
「設定」-「ディスカッション」
詳細はこちら > コメント・トラックバックの設定

Pingの設定

ブログにはPing(更新情報サービス)という機能があり、このブログで新しい記事が投稿されたよ。と知らせることが出来ます。最近はSEO的な効果は低くなってきているものの、やはり、即時性が求められるブログや記事には効果的なので、やはりいくつかのPINGは打っておくべきでしょう。
設定場所:「設定」→「投稿設定」
詳細はこちら > Pingの設定

akismetを有効化してスパム対策

デフォルトでakismetというスパム対策用のプラグインが入っているが、これが秀逸。かなりのスパムをはじいてくれるので、まずは有効化しておきましょう。
設定場所:「Plugins」

パーマリンク構造の変更

パーマリンクとはブログの各ページのアドレスの設定のことです。
初期設定では、
各記事のアドレスはhttp://ブログのアドレス/?p=1
カテゴリはhttp://ブログのアドレス/?cat=1
などすっきりしないアドレスになっています。
そこで、「http://ブログのアドレス/archives/123」や、「http://ブログのアドレス/2008/12/04/sample-post/」とか、「http://ブログのアドレス/カテゴリ/postname/」といったスタイルに変更します。
設定場所:「設定」-「パーマリンク設定」

プラグインとテーマファイルの編集を可能に

管理画面からプラグインやテーマを編集出来るのですが、ほとんどの場合初期設定では編集出来ません。
サーバー側のフォルダでパーミッションの設定をすれば可能になりますので、変更しておきましょう。
セキュリティ的にどうもと言う人はFTP等アップロードすれば編集出来ますので、しなくても結構です。
詳細はこちら > プラグインとテーマファイルの編集を可能に

プラグイン

WordPressはプラグインと呼ばれるソフトを追加することによって、WordPress自体の機能をカスタマイズします。最初はよく解らないかもしれませんが、定番のプラグインを参考にいくつか自分にあったものをインストールしてみてください。

下記はお好みで

下記は更にこんな事もしてみてもいいかもというレベルお好みで

パスワード変更
インストールが完了すると、貴方のWordPressくんは「新しい WordPress ブログの設置に成功しました」とログインに使うユーザ名とパスワードをメールで送ってきます。
これは備忘録的に便利ではあるのですが、パスワードはメールであまり使いたくありません。念のためパスワードを変更しておきましょう。
RSS Feedを全文配信にする
抜粋でも問題ありませんが、SEO的にも全文表示の方が効果的だし、RSS読者にも親切かなと。
ビジュアルエディタを使わない
htmlタグをある程度使いこなせるなら、ビジュアルエディタよりhtmlエディタの方が使いやすいでしょう。
初期設定ですとビジュアルエディタになってしまうので、ビジュアルエディタを使用しない設定にします。
Gravatar表示を有効にする
Gravatar(アバターサービス)の表示機能を有効にしておくと管理画面やコメント欄などでアバターが表示されるようになります。若干のスパム対策にもなるので、検討ください。
記事に挿入する画像サイズの設定
画像データをアップロードし、記事に表示させるときのサムネイルサイズを指定出来ます。
Pingbackを無効にする
リンクを張った記事へ自動的にTrackbackを送るPingbackという機能があり、初期設定でONになっています。トラックバックスパムと思われないために個人的には常にOFFにしています。Trackbackしたいときには通常の手順で打てばいいのですから、毎回送らなくてもいいのではないでしょうか。
ブログロールのリンクを削除
初期設定で、リンクが既に設定されていますが、あまり必要となることはないでしょう。WordPressへ協力したい方は別として、やはり自分のブログとあまり関係のないリンクは削除しておいた方が使いやすいでしょう。
ブログキャッチフレーズの設定
キャッチフレーズ(ブログの説明)には初期設定で「Just another WordPress weblog」と記載されています。自分のブログにあった説明に変更しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>