管理者G のすべての投稿

WordPressのアップデート方法(アップグレード・バージョンアップ)

WordPressはセキュリティ改善等のためかなり頻繁にアップグレードが行われます。
ダッシュボードにログインすると、「アップグレードしてください」とメッセージが表示されるので、出来るだけ早めにアップグレードしましょう。


<注意>wp2.6以前から2.7にバージョンアップする場合は、特にプラグインが2.7に対応していない場合もありますので、必ずバックアップを取ることをオススメします。

公式ページのhttp://ja.wordpress.org/upgrade/にアップグレード方法が記載されています。 続きを読む

WordPress Japan が閉鎖

080326にWordPress Japan 閉鎖のお知らせがUPされ、3月末日に閉鎖されるとのことです。
WordPress日本語版とWordPressMEに記載したとおり、本家で日本語バージョンが出来MEの役割が終ったとはいえ、その功績は非常に大きいものがあり、今までの努力には感謝の一言に尽きます。

さて、現在MEを利用されている方は出来るだけ早い時期にWordPress日本語に変更することをオススメします。
MEから本家への以降に関しては、通常のUPDATEの要領で可能です。
因みに、当サイトはEasyAllを利用させて頂いていますが、ずいぶん前にMEから本家に移行しております。

ハッスルサーバーへワードプレスをインストール2 (続き)

ハッスルサーバーの本登録が完了するとサーバーを使えるようになりますが、メールが届く前にWordPressのダウンロード、FFFTPの設定などは出来るので、先にやっておきましょう。

3.WordPressのダウンロード

最初にWordPress 日本語ローカルサイトからWordPress日本語版の最新版をダウンロード(DL)します。
DLの方法はこちらの記事を参照下さい。→WordPressのダウンロード

4.FTPソフトのインストール

次に、FFFTPのインストールを参照し、FTPソフト(PC-サーバー間のデータ送信をするソフト)を使えるようにしましょう。

続きを読む

ハッスルサーバーへWordPressをインストール


ハッスルサーバーは、ロリポップさくらインターネットXREA+ほどメジャーではありませんが、ワードプレス向けオススメサーバー一覧表を見ても解るとおり、価格が安く、機能が高いとてもお買い得なサーバーです。
特に操作感・表示の早さ・32個までのマルチドメイン(1サーバーで複数のドメイン・サブドメインが利用可能)で、非常に使い勝手がいいサーバーです。
また、ロリポップユーザーはサイト表示が遅かったり、MySQLエラーにストレスを感じている方が多いと思いますので、乗り換え候補としてもオススメできます。
ハッスルは明らかにそれらのサーバーより快適環境になります。(容量は500Mですので、それ以上欲しい方はエックスサーバーをご検討ください)
太いバックボーンでサクサク動くさくらインターネットもオススメしたいところなのですが、さくらライトはMySQLが使えず、さくらスタンダードは月額約417円と多少高くなり、ハッスルサーバーはその中間を埋める価格・スペックなのです。そして、ハッスルのバックボーンはさくらインターネットを利用しており、大変太い信頼のおけるものとなっているのです。

ロリポップと比較するとヘルプやマニュアルなど説明が足りない部分が多いかと思いますが、これはサーバー操作やハッスルのメニューに慣れれば問題ない事ですし、快適さを考えれば、私はハッスルを選びます。
当サイトもXREA+からハッスルへ引っ越ししてきました

ハッスルサーバーへワードプレスをインストールする流れ

続きを読む

エックスサーバーへワードプレスを導入(その2)

エックスサーバーの申し込みが完了していない場合は、エックスサーバーにWordPressをインストールをご参照頂き、Xサーバーを申し込んでください。

4.WordPressをアップロード

FTPソフトの設定が出来たら、Xサーバーへの接続設定を行います。
(1)FFFTPの起動
デスクトップのFFFTPのアイコンをダブルクリックするか、「スタート」-「FFFTP」-「FFFTP」をクリックすると起動します。

続きを読む

エックスサーバーにWordPressをインストール


エックスサーバーは、3GBの容量・マルチドメイン無制限・サブドメイン無制限・メールアカウント無制限、そしてなんと言っても128GBのバックボーンで非常に扱いやすく、高機能な安定したサーバーで、月に1,000円程度の予算を組める方や、中小企業・ECサイト構築には非常におすすめできるサーバーです。エックスの信頼性・安定性があれば、高額な業務用サーバーを契約する必要性はあまり無いと思われます。
もちろん、ヘルプと、解りやすいメニューがあるので、サーバーになれていない方にも安心のすばらしいサーバーです。

注意点として、普通にWPを運用するだけならとても快適なのですが、サーバーへの過負荷がかかるプログラムを設置するには注意が必要です。これらを排除しているから、快適な環境を維持しているのでしょうが、高度なものを使いたい方は、さくらプレミアム等を検討するか、慎重にテストをした上でエックスサーバーに設置ください。
私が関係しているサイトでは、WPより負荷がかかると言われているXOOPSを使い、200人ほどでスケジュール管理・各個人のブログ・Flashをかなり使ったサイトを運営し、PVもかなりありますが、上記の問題は発生していませんので、個人のWordPress程度なら、負荷のかかるCGIを使ったり、ものすごい人気サイトにならない限りは大丈夫でしょう。

XSERVERにWordPressをインストールする手順
エックスサーバーにはワードプレスの自動インストール機能が付いていますが、WordPressMEとなっています。私はWordPressとWordPressMEの記事に記載したとおり、WordPress日本語版を推奨しますので、以下日本語版のインストール方法です。
おそらくエックスサーバーを選ぶ方の多くは、他のサーバーから移転してくる「経験者」が多いと思いますが、エックスサーバーはヘルプが初心者向けではないので、設定全体のステップを把握してください。
エックスサーバーにワードプレスを導入する

続きを読む

WordPress日本語版とWordPressME

WordPressは世界中の愛好家たちによって開発が進められ、最新のUPDATEやアナウンスはhttp://wordpress.org/に掲載されています。
このサイトは一般にWordPress本家等と呼ばれ、ここからダウンロードできる日本語版はWordPress日本語版と呼ばれています。

WordPressME一方、元々英語圏向きに開発されたWordPressの日本語版が正式に利用できなかった時に、日本の有志が英語以外の言語でも利用できるように開発を進めたのが、WordPressME(マルチリンガルエディション)で、WordPress Japanにおいて配布されています。(080331に閉鎖されました。)


この多国語化は当然ほかの多くの国からも要望がでて、現在では58カ国語のDLが可能となっております。

多言語化において大きな役割を担ってきたMEですが、本家でWordPressが日本語化された現在ではその役割を終えたと言えます。
08年2月現在WordPress本家のバージョンは2.3.3、MEは2.2.3とバージョンアップは遅れています。WordPress本家のリリースを見ても解るとおり、緊急のセキュリティ対応はMEで反映されていませんし、いくつかのバグの修正も出来ていません。

現在流通している書籍等では、MEのインストールを紹介しているものが多いですが、私としては、WordPress日本語版を利用することを推奨致します。

日本語版とMEの詳細なスペックの違いはWordPress パッケージ比較にもありますのでご確認ください。
通常の使用であれば、ダッシュボードの「WordPress 開発ブログ」が英語となっている程度でどちらも同じように使いますので、本家とかMEをあまり意識しなくてもいいレベルです。
(詳細にはいろいろ異なりますが、対応できるレベルです)

ロリポップへワードプレスをインストール2 (続き)

ロリポップの申し込みが完了すると、すぐにサーバーを使える状態になります。(10日間の使用期間開始)
早速ワードプレスを設定してみましょう。

3.WordPressのダウンロード

最初にWordPress 日本語ローカルサイトからWordPress日本語版の最新版をダウンロード(DL)します。
DLの方法はこちらの記事を参照下さい。→WordPressのダウンロード

4.FTPソフトのインストール

次に、FFFTPのインストールを参照し、FTPソフト(PC-サーバー間のデータ送信をするソフト)を使えるようにしましょう。

続きを読む

FFFTPをインストール

自分のPCとサーバー間のデータのやりとりをするソフトをFTPソフトと呼びます。
当サイトでは、一般的に利用者が多いFFFTPというフリーウェア(無料で配布されているソフト)を利用して説明していきますので、FTPソフトを使ったことがない方は、下記にてFFFTPをダウンロード・インストールしてください。(既にFTPを利用できる方はこの記事はとばしていただいて結構です)

続きを読む

WordPress日本語版のダウンロード

WordPress(日本語版)はWordPress 日本語ローカルサイト(http://ja.wordpress.org/)からダウンロードできます。
ここでは、WordPressバージョン2.3.2のDLを説明します。バージョンアップされた場合は適宜数字部分を読み替えてください。

はじめにWordPress 日本語ローカルサイト(http://ja.wordpress.org/)にアクセスします。
続きを読む