Ping送信先の設定

PING送信とはブログの更新情報をPINGサーバーに送信し、送られたPINGサーバーではこのブログでこんな記事が投稿されたよと発信してくれるサービスrで、検索エンジンのインデックス登録や、SEO的なメリットがあるとブログ初期の時代は言われていましたが、現在ではSEO的にはそれほどメリットは感じません。
速報性が求められるニュースサイトや、最新の情報をUPしているブログ、また、まだGoogle・Yahoo等にインデックスされていないのであればこだわる価値はあるでしょうが、既にインデックスされたブログでの記事ではそれほどこだわらなくてもいいかなと感じています。(もちろんやらないよりやった方がいいでしょうが、それよりもっとこだわりたい部分が沢山あります。)

とはいえ、最低でもメジャーなpingサーバー5カ所程度は登録しておきましょう。

まず、「設定」-「プライバシー」の設定を確認してください。
検索エンジンをブロックしているとPINGは送信出来ません。デフォルトでは誰でも閲覧になっているので問題はありません。
逆にこっそり人知れず運営したい方はここをプライバシー側に設定します。

次に、「設定」-「投稿設定」に「更新情報サービス」という項目があります。

デフォルトでは、「http://rpc.pingomatic.com/」1カ所が登録されているので、下記リストなどから選択し、5~10カ所程度は登録しておきましょう。
特にgoogle、Yahoo、テクノラティは必ず入れています。(検索エンジンへのインデックス登録が早まると思っています。)

http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://ping.blogoon.net/
http://rpc.technorati.jp/rpc/ping
http://ping.ask.jp/xmlrpc.m
http://www.bloglines.com/ping
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://ping.fc2.com/
http://ping.gpost.info/xmlrpc
http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>