WordPressのPHPなんて怖くない

過去にhtml・CSSを自分でいじってWEBサイトを構築した経験がある人が、CMS・ブログツールを選ぼうとするとき、当然MovableTypeとWordPressは最有力候補の一つとなるでしょう。
もちろん、サーバーを既に契約していれば両方インストールして比較してみるかもしれません。
このとき、WordPressのカスタマイズをしようと、テーマエディタを開いた瞬間PHPの記述が目に入り、PHP未経験者は「こりゃだめだ」と引き下がってしまう方もいるでしょう。

でもちょっと待ってください。
WPのカスタマイズに利用するPHPなんて、通常の無料ブログの独自タグみたいなもので、html・CSSをさわれる方なら、すぐにその使い方の概要を理解出来るはずですし、最初は構文など覚えなくても問題ありません。

もし、PHPを覚えるのが面倒だとWordPressをあきらめようとするのなら、それは非常にもったいない話です。

< ?php ・・・ ?>は何かの独自ダグだなと置き換えて見てみてください。

MovableTypeに比べると圧倒的に操作感が軽いシステムを見慣れないPHPのコードが面倒だとあきらめずに、もう少しいろいろ触ってみて判断してください。
もちろんMovableTypeにはMTの良さがあるし、MTにしか出来ない事もあることも事実です。
日本で支持者が多いのは理解出来るし、解説本や解説サイトは圧倒的に多い事も事実です。
ただ、世界的にはMovableTypeユーザーのシェアがこれだけ高い国は日本だけなのです。

私はもちろんMovableTypeも使いますが、メインはWordPressですし、NucleusCMSも頻繁に使っています。
是非PHPだけでWordPressは難しそうだという判断だけはしないで頂きたい。

関連記事
ワードプレストは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>